利用する前に知っておきたいレーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛は、黒い色素に反応する波長の光を使用して行う脱毛方法です。レーザーを照射すると、毛に反応して熱をため込みます。その熱が毛乳頭に伝わって組織を破壊します。毛乳頭は毛の成長に関わり、栄養を送る役割を担っているため破壊されると毛が生えてこなくなるのです。レーザーは毛にしか反応しないため肌への影響は少ないのですが、日焼けしている肌では脱毛ができないので注意しなくてはなりません。また、妊娠中は脱毛を断っているところが多く、その場合は出産後に行うことが望ましいのです。毛は伸びる期間の成長期や抜けるまでの退行期、成長するまで待っている休止期というサイクルで生えてくるので、レーザー脱毛ができるのは成長期の毛だけになります。そのため、退行期や休止期だった毛が成長したら再び施術を受けることになるのです。

他の脱毛方法よりも優れてる?レーザー脱毛のメリット

脱毛方法には、カミソリや毛抜き、除毛クリームなどを使って自分でする方法や脱毛サロンの光脱毛などがありますが、レーザー脱毛は永久脱毛の効果が期待できるというメリットがあります。永久脱毛は脱毛してから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下の場合を示し、永久に生えないということではありませんが、ほとんど手入れが必要なくなるのです。また、レーザー脱毛は医療機関でしか受けられないので、医師の元で行うため何かトラブルが生じても対応してくれるので安心です。他の方法よりも1回ごとの費用は高くなりますが、優れた効果を得ることができるため回数が少なくて済み、手間や交通費を削減できるのです。そのため、レーザー脱毛は忙しくて時間がとれない方にはうってつけの方法と言えるのです。

医療レーザー脱毛は、脱毛完了までの期間が短く脱毛効果が高いです。回数は少ない人で3回、多い人で6回ほどで済みます。