AGAは進行性の脱毛症

思春期以降の男性が悩まされる脱毛のほとんどがAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。

このAGAは一度発症してしまうと自然に治るということはなく、進行性の脱毛症なので速度に個人差はあるものの確実に薄くなっていきます。

薄毛・抜け毛の予防は薬で

AGAによる薄毛や抜け毛の予防は薬で行うことが出来ます。

薄毛治療を受ければ、フィナステリドという成分を含んだ内服薬が処方されますので、それを1日1錠服用することによって3年継続すると約98%の人には何らかの効果が得られるとされています。

この薬は、AGAによって乱れてしまった髪の生え変わりの周期を正常に正すというものになります。

つまり、太く髪が成長する前に抜けてしまっていたのをしっかりと成長させることが出来るので、髪を生やすというよりは抜け毛を減らしていくことで結果的に髪が増えたように感じるというものになります。

髪を生やすには発毛剤を併用

フィナステリド単体でも抜け毛を減らして、今まで抜けてしまっていた髪が生え続けることによって髪が増えたようにみえることは十分可能です。

しかし、より効果を強くしたり効果を早く実感するためには発毛剤を使用する必要があります。

発毛剤とはミノキシジルという成分を含んだ外用薬が基本です。

ミノキシジルは日本では唯一発毛効果が認められている成分になりますので、フィナステリド含有薬の服用で体の中からアプローチするのと同時に外からのアプローチを加えることでより高い効果を実感出来る様になるのです。

発毛のために大切なのは、頭皮の血行促進と清潔な頭皮の維持です。そのためには煙草やストレスは大敵で、毎日の頭皮マッサージや適度な洗髪が大切になります。