紫外線対策をしっかりと

美容クリニックなどの医療機関で受けることができる医療レーザー脱毛は、ムダ毛に大きなダメージを与えることができる施術です。そのため、少ない施術回数で脱毛を終わらせることができるのがメリットです。しかし、施術時の痛みが強いというデメリットもあります。それをカバーするには、紫外線対策をしっかりするのがおすすめです。医療レーザー脱毛は、ムダ毛に含まれているメラニンを攻撃します。ですが、メラニンは紫外線を受けることで肌の中にも生成されてしまいます。日焼けをした状態で脱毛をすると、通常よりも痛みが強くなるので気を付けましょう。

シェービングは前日までに終わらせよう

脱毛施術は、ムダ毛を短くケアした状態で行うのが一般的です。何故なら、ムダ毛が長く伸びていると正確に肌にレーザーを当てることができない上に、ムダ毛に含まれているメラニン量が多くなるからです。メラニン量が多いと、その分、施術時の痛みも強くなるので、シェービングで短く処理することが大切です。このムダ毛の処理は、脱毛予定日の前日までに済ませておくのがおすすめです。そうすることでスムーズに脱毛を進めることができますし、肌ダメージを回復させた状態で施術を受けることができるからです。

脱毛前後は激しい運動を控えよう

私達の肌は、体温が上がると外からの刺激に敏感になります。これは脱毛にも当てはまります。体温が上がった状態で脱毛をすると、いつもより痛みが大きくなるので気を付けましょう。体温を上げる行動には激しい運動や入浴、飲酒などがあります。ですので、脱毛前後は、これらの行動を控えることが大切です。

医療レーザー脱毛とは、皮膚科などの医療機関で行われるレーザー脱毛のことです。医療レーザーは脱毛サロンの光脱毛に比べて出力が高いのが特徴であるため、高い脱毛効果を期待できます。