脱毛による肌への悪影響と予防の心得

脱毛は無駄毛を人為的に取り除く行為なので、肌に強い刺激を与えます。特に毛穴の周りは強い力で引っ張られるので、目に見えないほどの微小な傷が出来ることがあります。傷口に細菌が入り込むと強い痛みや炎症などの不具合に見舞われる他、毛穴の部分が発疹のように腫れ上がってしまうケースもあります。また、同じ部位に何度も刺激を与えると表皮の角質化や色素沈着などの重大なトラブルが生じることもあるので、脱毛を行う際は肌に負担をかけないように間隔を空けることが大切です。また、脱毛を行う前には蒸しタオルや専用の薬剤で表皮を柔らかくふやけさせることで刺激を軽減させることが出来ます。

脱毛後に行うスキンケアのメリットと注意点

脱毛処理を行った後の表皮は空洞になった毛穴が露出した状態になっています。また、毛穴の内部は微小な傷が多数生じているので、細菌感染を防ぐ目的ですぐにスキンケアを施すことが大切です。スキンケアは肌に潤いを与えて刺激を緩和させる効果があるので、市販の化粧水や保湿剤が適しています。市販品は手軽に用意出来るメリットがありますが、個人の体質によっては含有成分の影響でかゆみや腫れなどの不具合が生じてしまう可能性があります。そのため、スキンケアを行う際は肌質に適した製品を選ぶように心がけます。また、脱毛の際に出血を伴う程の深い傷が出来た場合は十分に消毒を行ったうえで適切な治療を受けるのが正しい対処法です。スキンケアは脱毛後の肌を労わる目的で行うので、わずかでも不具合が生じたらすぐに医療機関で検査を受けるのが美肌を保つ心得になります。

医療脱毛とは美容クリニックなどの医療機関で行われる脱毛施術のことです。黒い色素に反応するレーザーを肌にあて、皮下の毛の毛乳頭を破壊することで、再び毛が生えないようにします。脱毛効果の高い施術です。